納豆部門

サントレー50を使っての納豆製造と時間経過報告はこちらから

プレミアムサントレー
【被膜不要!ふたを閉めるだけでほぼ密閉状態】

当社では、被膜を必要としないノンフィルム納豆容器「シーリングアップ」( 実用新案登録 第3122569号)を販売していましたが、さらに進化したプレミアムサントレーを開発・発売致しました。
豆の気持ちを考えて空気溜まりを採用。ふたをすることでほぼ密閉状態になり、より発酵鮮度の良い納豆ができる容器の開発に成功しました。
PSP(ポリスチレンペーパー)は、ふたをしても外部からの空気が流入し、納豆が乾燥する為、被膜をかぶせ、その上にたれやからしを載せて発酵させていました。40~50℃で10数時間発酵させると、たれやからし本来の風味が損なわれると同時に、空気不足で発酵に不適でした。
「プレミアムサントレー」は、ふたにくぼみがあり、たれやからしを包装時に添付できる為、納豆本来の味を引き出せる、画期的容器です。

被膜がなくても

被膜がなくても 乾燥することなく、保湿性がより高まります。たれやからしはふたの上に添付できます。 発酵する際は、室の状態にもよりますが、低温で18~22時間じっくり発酵させれば、大豆そのものの味が際立ち、もっちりとしたやわらかい 納豆に仕上がります。ほぼ密閉に近い状態ながらも、容器内の酸素とわずかなすき間から入る酸素で十分に発酵します。 しかも臭いが控えめになり、白い斑点状のチロシン(アミノ酸の結晶)も出にくくなる上、室や冷蔵庫での雑菌混入を防ぎ、賞味期限の延長も期待できます。 もちろん被膜が要らないのでゴミの削減につながり、分別の必要もなくなり、学校や病院給食への納入には最適です。 お子様や年配の方にも扱いやすいと思います。

ディンプルカップ」(実用新案登録 第3157123号)発売
 【空気溜まりを採用したカップ型納豆容器】

カップ型容器も一新しました。底面にディンプル形状の突起をいくつか作ることで、まんべんなく空気が回るようになり、納豆の出来具合が一段と均一化されました。
素材も、従来の紙やPSPではなく 「PP+タルク」シーリングアップの開発には4年前から開発に取り組み、ようやく完成させました。 これからは、和食だけでなく洋食にも合う納豆製品の開発も必要です。納豆特有のアンモニア臭を制御するので、野菜サラダとも相性のよい納豆製品を提供したいと考えています。

「プレミアムサントレー40」(実用新案登録 第3199700号)


「プレミアムサントレー50」(実用新案登録 第3199700号)

「プレミアムサントレー250」(実用新案登録 第3199700号)